×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


パソコンをwifiアクセスポイントにする


wifi


ルータやUSBを使わずに、
softApという機能を使い、無線通信をできるように
PCの設定を行います。


設定開始


1.コマンドプロンプト起動
[windowsメニュー]
 ⇒[すべてのプログラム]
  ⇒[アクセサリ] (または[システムツール])
   ⇒[コマンドプロンプト]を右クリック
    ⇒「管理者として実行」を選択     (※ 管理者として実行する )


コマンドプロンプト起動

(メニューからでなくても、cmdと検索すると素早くコマンドプロンプトを検索できます)


2.ネットワーク情報を設定し、ネットワークを開始する

ネットワーク名とパスワードを決めます(自分が設定したwifiネットワークとわかればOK)

コマンドプロンプトの画面に以下を打ち込み、実行します。
netsh wlan set hostednetwork mode=allow ssid=ネットワーク名 key=パスワード keyusage=persistent
※上記、ネットワーク名とパスワードは自分が設定した文字列に入れ替える

アクセスポイント設定


続けて、次のコマンドをコマンドプロンプトに打ち込み、ネットワークを開始する。
netsh wlan start hostednetwork

wifi起動

これで、親機の設定が完了しました。
ネットワークに接続できるか、スマホ等から確認できれば全て完了です。